株初心者におすすめ!株の始め方を解説!

日本円

株という言葉を聞くと初心者にとっては難しい、イメージが湧かない人もいると考えられます。
まず、株とは理由は様々ですが会社が自分の会社の規模を大きくしたい時や新しいサービスを展開したいなどと思った時、
自分達が持っているお金だけでは足りない時に資金を集めるための方法として、投資家に企業の所有するオーナー券を発行することを言います。
そこで投資家は会社のオーナーの1人となり、会社は事業を始めるためのお金を集めることができるのです。

株を買うとは、その企業にお金を出して事業資金を提供することを言います。
株式会社は投資家に対して事業の説明を行ってお金を集めて事業を行います。
それに対して、株式会社は資金を集めてくれた投資家に対して毎年利益の一部を配当金や優待といった形で利益を還元しています。
取引の流れは株式会社と投資家の2者間でやりとりが行われています。

2005年にライブドアがニッポン放送の過半数の株を取得して社会に大きな影響を与えたのが新しいです。
初心者は、投資目的をきちんと持つことが大切です。
始める目的は十人十色、人によって様々でありますが、自分が株取引に取り組むうえでの目的(ビジョン)は何か、目標は何かをきちんと意識して長期的に見据えながら取り組んでいくことが大事です。

具体的には欲をかきすぎない、自分の中でのリミット(制限)を決めるといった自己管理がきちんとできるかも大切になってきます。
イメージとしては、「いきなり始めようとしないで、スポーツ初心者が少しずつ練習や基礎トレーニングを始めるように、まずは自分のペースに合わせながら勉強をして基礎基本の知識を習得する」、
「分からないことや不明点・疑問のあることには安易に手を出さない」、
「ギャンブルや賭け事ではないが一度に大儲けしようとは考えずに、始める時は一気に始めるのではなくて少しずつ地道にコツコツと進めていく。」
このような気持ちを持って自分なりの目的をはっきりともって楽しみながら進めていく気持ちをもつことが長く続けていくためのポイントです。

株取引の仕組みを紹介します

概要が分かったところで、次に取引について説明していきます。
まず、購入方法についてです。
はじめに証券会社に自分の証券口座を作ります。
証券口座を簡単にいうと、銀行口座のようなものです。この証券口座がないことには取引ができません。
昨今はネット証券が主流になっています。
また、株の売買手数料も下がり、口座管理料も無料の証券会社が増えています。

次に、証券会社で開いた自分の証券口座にお金を振り込みます。
そして、自分が買いたい株を選びます。初心者はここで注意が必要です。
購入する際には値上がりするものを選ぶことと、取引に慣れるまでは身近なものを選んだ方がいいです。
買う株が決まったら、証券会社にどの株(銘柄)をいくつ(枚数)買うのか注文を出します。

注文方法には、株価がいくらでもいいからかう成り行き注文と自分で買う価格を決める指し出し注文の2つの注文方法があります。
最後に約定となると出した注文が取引成立したことになり、株は自分のものになり利益になります。
これはパソコンからでも確認することができます。
約定が成立しなかった場合でもきちんとお金は戻ってくるので大丈夫です。

また買値を上げるか成り行き注文を出すこともできます。

初心者が投資をする上での注意点

投資は自己責任
新聞やインターネットの情報を鵜呑みにして利益が出なかった時は他人のせいにしないことが大切です。
きちんと経験から学び、自分で判断や分析をすることが大事です。
100円を割り込んだ銘柄
株式市場は倒産の危険があり株価が乱高下しやすく100円を割り込んだ株は、いつ倒産してもおかしくない状態です。
100円を割り込んだ銘柄には注意した方がいいです。
社名を2回、3回と変更している株式会社
合併によって社名が変更したこともありますが、事業低迷を隠すため社名を変更した例もあるので注意が必要です。
ネット証券でも社名変更を行った際には取引注意情報に注意書きが上がってきます。
自分が気になったり危険と思ったら最新の四季報で確認を行ったり、会社のホームページを直接見て社名確認をするのがおススメです。